2010年07月29日

◆ 働きたい会社、働きたくない会社

働きたいと思える会社って、たまにある。

もちろん、そう思えない会社も、ある。

(こっちのほうが、たくさんある。)

違いは、どこからくるんだろうか?

いろいろな会社が、社員に対してアンケート調査を行うことがある。
社員の満足度をちゃんと考えよう、というのが、最近の流れだ。

顧客満足(CS)に対して、ES(Employee Satisfaction)と呼ばれることも多い。

そのようなアンケート調査から、社員が会社に何を求めているか、どこに不満をもつか、がわかる。

それらをふまえて、働きたい会社を形容してみると、

・明確な方向性がある。
・そして社員が、それを理解し、それに向かって動いている。
・さらに、その成果が企業のパフォーマンス(成長、利益、企業評価など)に反映されている。
・さらに、そうしてかち得たもの(利益など)が、各ステークホルダー(*1)に、フェアーに還元される。

(企業のステークホルダーについては、本ブログ2010年2月「会社は誰のものか?」を参照。)

というふうに、一連のストーリーとなるものだ。

Tokyo Cityscape

では逆に、働きたいと思えない会社って、どんな会社だろう?

・会社の方針が見えない。
・貢献度の高い人が相応に処遇されない。(心当たりあるでしょ、そういう会社!)
・ダメ上司のいる会社(*2)(ダメ上司については下に後述)
・業績が安定しないので、会社の経営基盤が安定しない。
・リストラがあった、あるいはありそうな雰囲気。
・経営トップが長〜い間、変わっていない(必ずしも断定できないが、経営陣の硬直化の兆し)。

(*2) ダメ上司について考えてみる。

・指示や方針を明確に示してくれない
・必要なときにタイムリーな決断をしない
・指導やアドバイスをしてくれない
・部下の手柄を奪う、自分の失敗を部下になすりつける

とくに最後の点は致命的で、そういう上司を持った社員は不幸だ。

この場合の上司と部下の関係は、こんなかんじ・・・。

<< 部下と上司の関係 >>

- 部下の手柄は上司のもの
- 部下のミスは部下のせい
- 上司の手柄は上司のもの
- 上司のミスは部下のミス

こうやって簡潔に書いてみると、ジョークのように見えるが、実際にこういう会社は、少なからずある。

従業員数万人クラスの大企業で、この体質があることで有名な会社も、ある。

ダメ上司にしても、ダメ会社にしても、最終的には全て、それを放置している経営者の責任だ。
posted by Nobby at 17:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | 経営
この記事へのコメント
定義を少し詰めさせてください。

個人の動機である「働きたい」という言葉と「会社」との因果関係です。「働きたい」というのは自己の仕事に対する前向きな意欲の現れです。

では、なんのために「働く」のか?
自分と自分の家族の生活のためです。頂いた給料でローンを払い、寝る前にささやかに1パイ頂くために働いていると少なくとも私は思います。

ではなぜ私達は「会社のために働きたい」のでしょう? 「会社」という抽象名詞ではなく、「誰のため」に「何をすること」でどう「したい」、又はどう「してほしい」のでしょう?

「会社」が「社員」に対してどうあるべきか、
困難に直面している会社であればあるほどこの因果関係に対する答えはそう難しくないと私は思っていますし、お答えは既に既存のブログに載せていらっしゃるなあと感じます。

答えを必要としない会社はおそらく資源を湯水の如く使ってもなんの問題もない「素晴らしい会社」である証拠なのだと思います。 このような時代ですから「家族のためには」そのような会社に所属したいでしょうね。

Posted by pipot at 2010年07月29日 19:46
送って、一晩寝て、ふと思いました。
最後の一文は「愚痴」でした。
失礼しました。
Posted by 山口 耕平 at 2010年07月30日 04:52
吉田さん、楽しく拝読させていただいてます。

まさに、あるある、身近にそんな会社!!!
と思いました:)そんな会社のほうが多いんじゃないか・・・とも。

更新楽しみにしてます。
Posted by Kazumi Suzuki at 2010年08月13日 15:50
ご無沙汰しています。(というか覚えていらっしゃったら幸いです)
以前は技術者と思っておりましたが、経営のプロフェッショナルだったのですね。
(確かに、私が覚えている吉田さんの手腕はすごかった)
私も10年前に起業し、社員はどんなことを望み、会社はどう社員に還元するかを考えています。これをしっかりしていないと雇われた社員は会社に貢献しないどころか、悪い雰囲気を作り出す可能性があると思っています。
会社が悪い方向に向けば、社員だけでなくその関係者にも及びます。
そういった意味でも、働きたくない会社を作らない努力をする経営が必要ですね。
今後も参考にさせていただきます。
Posted by Nobuyuki Ogahara at 2010年08月19日 08:48
大変ご無沙汰しております。
もちろん、憶えてますよー。
遠い昔ですよねー(笑)
独立されてたんですね。ご活躍のようで、嬉しいです。

今週、私の主宰するベンチャーコンテストのイベントがあります。もしご都合が合えば、ぜひのぞいてみてください。大物スピーカーの招聘に成功しました。

http://mit-ef.jp
Posted by 吉田 宣也 at 2010年08月25日 00:06
コメント、ありがとうございます。
憶えていましたか(涙;)
ベンチャーコンテストのお誘い、ありがとうございました。
が、コメントを見たのが26日の朝で、予定が詰まっていたので参加できませんでした。(悲しい)
http://mit-ef.jp をちょくちょくみて、参加できそうなイベントがありましたら参加します。
blogの更新も楽しみにしています!
Posted by Nobuyuki Ogahara at 2010年08月26日 23:51
「互恵実践」の分かりやすい具体例を見つけました。「オリエンタルランド」さんかもしれません。
先日、「ディズニーリゾート」へ生まれて初めて家族へ行きました。周囲からの前評判のみならず、電話での対応などから、「ああ、確かにこれは少し他と違う」と思わせるものがありました。 決定的だったのは、トラブル処理です。暑さもあり、子供が途中で体調を崩したのです。 笑顔で付き添い対応をしていただいたスタッフさん(あちらでは「キャスト」というそうです)の笑顔と言葉でした。「来ていただける人達の笑顔と喜びが私達の喜びなんです」 嘘のない素直な想いは人の心を動かすものだと改めて認識出来ました。
目的を理解し、そのために一人一人がプロとして何が出来るのかを考え、実行する。目的が同じ人と足並みをそろえる喜びを分かちあう。
2日間の滞在でしたが、その偏差値の高さは驚きと称賛に値するものだと心から思いました。
年間来場者数約2600万人。平均単価13800円。データには少し誤差があるかも知れませんが名実共のNO1エンターテイメント企業。 東証1部サービス業カテゴリで堂々4位。 実績というものは後から付いてくるものなのでしょうね。 本当、勉強になりました。
Posted by pipot at 2010年09月04日 13:36
pipotさん、コメントありがとうございます。
これに関して私が感じたことを、記事としてアップしてみました (9月11日、ディズニーランドにみる経営のお手本」の記事)。
Posted by 吉田宣也 at 2010年09月12日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39880109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック