2010年05月06日

◆ つぶれては困る?(Part 2)

DSCN1748psd.jpg<5月5日の記事からの続き>

大企業が倒産して、割を食うのは、どう転んでも国民全体だ、という話をした。

ただ、そこで忘れられているファクターとして、社会全体の損失の前に、その会社の、債権者と、株主たちが直接的に大損をこうむるという点がある。 

(経営者も失墜するのでダメージとなるが、これは救済のケースでも経営陣は通常全交代となるのでほとんど一緒だ。それに、このような事態になった責任の多くは経営者にあるのだから、路頭に迷ったところで自業自得と言っても良いと思う。それよりも従業員のことを思ってほしい。)

ちなみに、会社が立ちゆかず、払うべきものが全部払えない場合、会社は、払いたいところを勝手に優先させて払うことは許されていない。支払いを優先させる順にルールがある。

支払う順は次のような感じだ。

税金、給料、その他の支払い、担保のある借金、担保のない借金、優先株主、普通株主・・・

そして、この「支払い優先リスト」の逆順に、「取りっぱぐれる」ことになる。

つまり、リーマンのように単純に倒産すると、債権者の「貸したお金を返してもらえる権利」と、株主の「出資によって、会社の一部を所有していることによる資産価値と、その会社が生み出すはずだった利益の分け前をもらえる権利」が、紙切れになるという結果をもたらす。

どうりで、債権者(大企業の場合は、債権者は大抵が銀行だ)と、株主(金融機関だったり、事業会社だったり、創業者一族だったり、ファンドだったり、一般個人株主だったり)は、倒産を嫌い、救済を求めるわけだ。

でも、その事態を招いたのが放漫経営であった場合は、それを放置した株主は、株主責任をとる意味で、国民にツケを回す前に損失を受け止めるべきだと思う。経営者や取締役を選任・新任するのも株主だったのだから。

                                                  *   *   *
ボストンの街

国の経済を左右するような「立派な」大企業が立ちゆかなくなったとき、そこから先どう転んでも、われわれ国民は損害を受ける。

これは逆に、「大企業が繁栄すると、経済が繁栄し、私たちはその恩恵を受ける」ということでもある。

この現象をもたらすことこそが、企業の、とくに大企業の、社会的任務である、ともいえる。

企業の発展の意義や価値は、その企業自身を繁栄させることだけにあるのではない。成長、発展することにより、企業活動(ものを買う、作る、売る、サービスを提供する、価値を生み出す、雇用を生み出す、など)を通じて、社会全体に貢献することになるのだ。

企業は、保身だけに走ってはいけない。

posted by Nobby at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37594703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック