2010年03月30日

◆ エコシステムとは

エコシステムとは?

「エコシステム」の本来の英語「ecosystem」が使われ始めたのは案外古く、例えば1970年のサイエンティフィック・アメリカン誌に「エコシステムの栄養サイクル」(The nutrient cycles of an ecosystem)という記事が掲載されている。

日経のWebサイトでは、次のように説明されている。

『本来は生物学における生態系を意味する単語だが、近年ではビジネスにおける特定の業界全体の収益構造を意味する単語として用いられることが増えてきた。1つの企業の収益構造は一般的に「ビジネスモデル」と呼ばれるが、ある業界にかかわる複数の企業が協調的に活動して業界全体で収益構造を維持し、発展させていこうという考え方によるもの。』

何かしっくりこない。エコシステムは、収益構造ではないのだけれど。。
まあ、こういう意味でエコシステムという言葉を使うことも可能なのかも知れない。狭い意味では。

このほか、IT業界ではよく好んで使われているようだ。その場合は上記説明に近い意味合いで使われることが多いようだ。

ほかに、マーケティングの世界では、「企業コラボ」「クリエイティブな企業パートナーシップ」のような意味で使われ始めたようだ。(例:「コカコーラ・パークが挑戦する エコシステム・マーケティング」ファーストプレス刊)>でもこの場合は、企業間同士(本の中の例では日産とコカコーラ)で成立する関係のことのようなので、私の提唱する、企業におかれた環境の全ての構成員と関わりあうものという定義に比べると、これもやや狭義であるといえる。

森林でも、エコシステムが成立していたりする。


「エコシステム」は、「共生」をもっと広い視野でとらえるもので、ある生物を中心に考えると、関わりを持つ全ての生物、さらに生物でないもの・・・とりまく環境(大気、水、気候、土壌など)も含めて、長期で相互依存が成立している仕組みをさす。

ここでは、エコシステムを次のように整理して定義したい。

エコシステムとは、自然界において、生命体が自己の保身や利益・繁栄のためにとる行動に対して、他種や周囲・環境とともに全体の安定または繁栄が図られている仕組みのこと。二種類の生命体の間ではとくに「共生」(simbiosys)という言葉がある。(クマノミとイソギンチャクの共生などが有名。)この「共生」もエコシステムの一種といえる。一方、「共生」が互いの利益を図っているのに対し、片方だけが相手を利用する場合のことを「寄生」という。

このような意味を持つ「エコシステム」という言葉が、企業の経営のシーンでもあてはまると思うため、私(が最初ではないとは思うが)は自ら使うようになった。単に企業間の協力関係(アライアンスやコラボレーション)のことをエコシステムと呼んだりするのを見かけたことはあるが、これは正しくは上述のように「共生」だと思う。経営の話でエコシステムという場合は、特定の企業同士に限らず、取引先や消費者、株主、コミュニティなど、広く企業をとりまく構成員や環境との共存を図ることを意味するものとして使いたい。

同じように湖沼とそこの生物も、エコシステムだ。

生物学、生態学、環境学などにおける本来のエコシステムは、必ず生物(動植物、微生物)と、環境(気候、大気、水、土壌など)という非生物の相互関係の上に成り立つものと捉えるので、エコシステムという言葉をビジネスなど他の分野で応用する場合にも、このコンセプトに従うのが正しいだろう。
DSCN1745bw.jpg
たとえば経営学のうえでは、企業や消費者が本来(環境学)でいうところの各種生物になぞらえられるなら、同様にそのエコシステムの構成要素として、地域社会(コミュニティ)や経済制度などを本来でいう非生物の環境要素にあたると考えることで、エコシステムという概念が、その本来持つ「互恵・共存のしくみ」として様々な分野で成立していることがわかる。

企業の経営の場で、このことを意識することで、それまでは見えなかった、解が、見えてくる。・・・自社の利益だけを、あるいは上司だけを、部下だけを、株主だけを、顧客だけを、あるいは株価だけを、見ていたときには、見えなかった解が・・・。
posted by Nobby at 22:21 | Comment(7) | TrackBack(0) | 経営
この記事へのコメント
経営を3年くらい続けると、いろいろな事柄がつながってきます。物事の一面のみを見ていると、結局は、短いサイクルでしかならないんですね。
Posted by かと at 2010年04月17日 03:11
本当にそうですね。

経営者って、状況が難しいときほど、短期志向、近視眼的に陥りやすいものだと思います。

たとえば、資金ぐりや、人事の問題などが目前にあると、長期の視野を失いがちになります。これは典型的な「7つの習慣」が戒めていることですが、なかなかもって、乗り越えにくいハードルです。

でも、そういうとき、「ああ、まさに今はこれに陥ってしまう状況だ。」と認識してみるだけでも全然違います。ぜひ試してみてください。
Posted by Nobby at 2010年04月19日 13:16
ご無沙汰しております。

共存互恵の意味を解する理性・感性と、ビジネスを強力に推進する熱意・腕力はなかなかに両立の難しい要素なのかもしれませんが、中国の古典でも、覇道と王道の対比として、項羽と劉邦の例を引いて王道の重要性を語っていたと記憶しております。

エコシステム的な観点は、思想的には東西において歴史の考察という形で紐解かれていることも多い気がします。きっと、人の世の本質なのでしょう。
Posted by narumi at 2010年05月24日 15:12
こちらこそご無沙汰してます。サイト見つけて頂いてありがとうございます。

おっしゃる通りで、共存互恵への理解と、「覇欲?」のようなものは、相反するベクトルを持ったもののように感じますよね。

前者を欠いた後者は、長続きしないと思います。わが国の近所にも、そういう国があるみたいですね(笑)。 また、ネットバブルの時代にはIT業界にそういった系の企業が多かった気がします。それでも当時の一部の消費者金融系には顔負けでしたけどね(笑)。

この点、人間も、いろいろなタイプの人がいますよね。自己の利益を真っ先に考えるのが習性になってる人。・・・それではいけない、と、最初に教えてきたのは昔から親で、他には多くの宗教もそれを人々に広く啓蒙する役割を担っていた気がします(儒教、道教、仏教、キリスト教など)。
Posted by Nobby at 2010年06月01日 20:16
初めてコメントいたします。
「エコシステム」という定義について普通に疑問なく受け入れられる民族が本来の我々日本人の資質である気がしています。NHK教育でやっているマイケル・サンデル教授の授業内容を見ても、既に内村鑑三さんの著書代表的日本人で具体的ケースが示されているように思えます。
ただし、サンデル教授の講義のように本来の意味での相互理解を深める環境が日本には少なく、単なる「なじりあい」になっているケースを多々見受ける悲しい状況です。 
「メンタリング」という言葉をこのサイトで初めて知りました。参考文献や参加できるセミナー等あればご紹介いただけますでしょうか?
あつかましいお願いで申し訳ございませんが、是非よろしくお願いいたします。
Posted by pipot at 2010年06月21日 21:50

pipotさま

コメントありがとうございます。

サンデル教授の考えや、内村鑑三の考えなど、浅学で存じ上げませんでした。調べてみましたが、素晴らしいですね。近いうちこれらに言及してブログを書いてみたいと思います。教えて頂いてありがとうございました。

さて、メンタリングについてですが、私が日本の副理事長を務めるNPO「MITエンタープライズフォーラム」のミッションの一つです。このへんも近いうち、「メンタリングとは」といったテーマで記事を書いてみますので、良かったらご高覧下さい。ちなみにちょうどいま、そのフォーラムのほうでメンタリングを含めたビジネスコンテストを開催中です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by Nobby at 2010年06月25日 13:37
とんでもありません!

本当に偶然で吉田さんのHPを拝見させていただき、お考え感動しました。

吉田さん程の方が日本に何人おられるか、まぎれもなく今後の日本を築いていかれる方の一人だとお世辞抜きで思いました。

何かの機会を頂いてご挨拶できるような事があれば本当にうれしく思いますが、こうしてお返事頂けるだけでも誠に文字通り有難く、身に余る光栄です。

ご多忙の中、梅雨の天候が吉田さんに不快ではなく、潤いをもたらしてくれますようお祈りいたします。 何卒お疲れの出ませんように、ご自愛くださいませ。
Posted by pipot at 2010年06月28日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36774434
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック