2010年01月30日

◆ 社長、あなたの質問、間違ってます。

昨日の記事で、「当社の市場シェアはどうなんだ?」という、経営者が抱く疑問自体が間違っている、という話をした。
 
これと全く同じように、「設問自体が正しくない」という現象が、マーケティングの世界でどんどん起きている。

乗用車の市場シェアもそうだ。今や乗用車市場は、ガソリン車、エコカー、新興国向け超低価格車(30万円前後)などをはじめ、嗜好や特性の全く異なる(従って同列にはとらえられない)市場「群」から構成されているからだ。ネジリバナ(ラン科)
 
上で使った「エコカー」という、あるサブ市場をさす言葉にしても、一概に議論できなくなってきた。超低燃費車、ハイブリッド車、家庭での充電を前提とするプラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車、代替燃料車、などが同居する市場が、同じ市場といえるだろうか?

ちなみに日本と北米では、エコカー市場ではプリウスのひとり勝ち。なのに南米のブラジルでは、全く別のメーカー(VW)が、全く違う技術を搭載したエコカーで、シェア8割を牛耳っている事実。
 
「市場」または「サブ市場」(セグメントとも言う)をよほど精密に定義し、その定義の妥当性を常に疑い続けないと、とたんに意味がなくなる、「市場シェア」という「因果」な概念。

この議論からわかるように、マーケティングの学習者は、いったん「市場シェア」をキーワードリストから除外したほうがいいのかも知れない、とまで思うのである。
posted by Nobby at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | コミュニケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35026008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

意力勉強会 ~電子出版元年を考える~ 報告
Excerpt: 2月10日に東京新宿で行われた意力勉強会〜電子出版元年を考える〜に関する報告をまとめたエントリー...
Weblog: 立入勝義の意力(いちから)ブログ - 北米発IT情報・電子出版・ソーシャルメディア
Tracked: 2010-10-19 23:39