2010年04月23日

◆「任天堂」の社名の意味は?

「任天堂の社名は何を意味するのか教えてほしい。」

昨年の任天堂の株主総会で、実際に株主から出た質問だ。

当然、「任天」の意味を普通に想像すると、「運を天に任せる」を思わせる社名だ。

なので質問した株主は、「経営を運まかせにするとは何ごとか」と言外に問いをこめ、とっさの回答に困る社長を見たかっただけなのかも知れない気がする。

この質問に対し、任天堂の岩田聡社長が答えた内容は、見聞きした記憶に頼って書いているので正確ではないが、おおかた次のようなものだったかと思う。

「人事とは、つくしきれるものではないと思っている。だからこそ、それにベストをつくし、ただしそれで完全だと考えずに謙虚な気持ちを忘れずにいろ、私は任天堂の社名にはそういう意味が込められていると思っている。」

数ページにわたって幹部が用意した「株主総会想定問答集」では、恐らく想定されていなかった質問だったかと思うが、岩田社長は満点以上の答えを出してくれた。

日本人には少ない、卓越した頭脳と機転の持ち主だと思える。

機転や判断力が必要であると同時に、日頃から常にあらゆる経営の課題について思索や自問自答をしている人だからできる芸当だと思う。それを支えているのは、知見と、訓練と、自律と、理念だと思う。

それができていないケースが多いから、日本では、「失言問題」などが頻発するのかもしれない。とっさに適切な発言ができない、あるいはとっさに不適切な発言をしてしまう・・。要職にある人、とくに政治家は、その訓練をしておきたいものだ。

現状では、アメリカの大統領選のように、候補者同士のテレビ対決などを行ったら、失言や問題発言が続出してしまうのではないかと心配する。

これを放置したら、つまり、とっさの判断はできなくても仕方がない、と容認する世の中だったら、困ったものだ。

日本では、「すみません、つい出来心で・・・。」と弁明すれば不適切な言動が酌量されるような、言外の甘えが存在していないだろうか。

たとえば痴漢やセクハラや万引きが、「すみません、出来心で」と頭を下げれば少し許される、といった風潮が日本にあるなら、警察はいらない。

DSCF0003ss.jpg

posted by Nobby at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営

2010年04月22日

◆「会社の方向性が見えないので辞めます。」

よくある部下の不満。

「会社の方向性が見えないんです。」

このような不満を唱えられたとき、上司がそれを自分の辞書にある言葉で理解しようとすると、誤解や混乱をまねくことがよくある。

社員が「会社の方向性が見えない」といった表現をするときは、それはしばしば、次のような意味であることが多い。

・会社が自分に何を求めているのかが、わからない。
・上司が自分に何を求めているのかが、わからない。

なので、その疑問に正しく答えてあげる必要がある。

上司(ないし経営者)はしばしば、当たり前と思われることを説明・確認しないことが多い。

たとえば、「会社はキミを皿洗いとして雇ったのだから、求めているのは、早く、きれいに、割らずに食器を洗うことに決まってるだろ。」と考える。

だがそれは、暗黙に理解されているもの、と思ってはいけないのだ。

業務の内容、手順、問題発生時の対応方法と相談方法、期待される成果、評価のポイント、責任や権限の範囲など、全て、わかるまで、明確に伝えないといけない。

しかも、以前伝えたことでも、定期的に繰り返し伝えないといけない。

さらに、それらの期待や評価ポイントに照らして、その人のパフォーマンスが現在どの程度期待に応えているのかについて、フィードバックを、明確に伝えないといけない。

そこまでしても、なかなか埋まらないギャップもある。

もちろん、それさえしなかったら、なおさらギャップは埋まらない。

こんなギャップ、飛び越えるニャ。

「私はこんなにがんばっているのに、会社は認めてくれない」という、よくある悲劇につながってしまう。

「男と女の、永遠にわかり合えないギャップ」と同様に、
「上司と部下の、永遠にわかり合えないギャップ」があり、
「経営者と社員の、永遠にわかり合えないギャップ」がそこにある。

その現実に対峙し、「相手の立場にたって・・・。」と、双方に、言いたい。

それが、今度別項で説明する「利他の心」であり、「エンパシー理論」である。

それは、「エコシステム」にも通じるものだ。

自然界のエコシステムには、、相手のことを思いやる心は介在しないが、筆者の唱える、人間のための、人間の活動のエコシステムは、その心が重要な役割を果たす。

一人一人の顔と、心が、見えないと・・。

posted by Nobby at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営